軒天の標準施工

施工前の確認事項

  • 防火構造・準耐火構造30分・準耐火構造45分・省令準耐火構造が要求される場合はアスノン8mm厚以上・エンボスカラー8mm以上の製品を認定書に従い使用してください。(アスノン5mm厚・アスノン6mm厚・エンボスカラー6mm厚は防火構造・準耐火構造・省令準耐火構造建築物には使用できません)
  • 常時水のかかる部位、あるいは高温にさらされる部位等、特殊な環境下での使用は避けてください。
  • 塩害の恐れがある場所での使用は避けてください。
  • 5mm品はビスを使用しないで、釘で留付けてください。(軽量鉄骨下地には使用しないでください)

留付材の推奨サイズ

  • ※5㎜品は、軽量鉄骨下地には使用できません。(木造下地の場合には釘で留付し、ネジでの留付は行わないで下さい。)
  • ※準耐火などの構造認定仕様の際には、認定条件をご確認下さい。
  • ※自動ガンを使用する際は、必ず圧力調整を行って打ち込み過ぎにならないように注意して下さい。  (打ち込み過ぎると保持力低下の恐れがあります。)
  • ※自動ガンを使用する際は、下地にボードを密着させて打ち込んで下さい。
  • ※板厚10㎜以上のボードをネジで留付けする場合には、下穴を開けて使用して下さい。
留付材/板厚 5mm 6mm 8~10mm 11~12mm 16mm
φ1.9×ℓ32以上 φ2.1×ℓ38以上 φ2.7×ℓ50以上
ネジ - φ3.0×ℓ20以上 φ3.5×ℓ25以上 φ3.5×ℓ32以上 φ4.0×ℓ40以上

下地組み

  • 下地組みに使用する野縁は良く乾燥した構造用木材の野縁を使い、455mm以下の間隔で梯子状に組んでください。
  • 軒の出が500mmを超える場合、野縁の間隔を500mm以内にして吊木等で吊ってください。
  • 野縁の不陸は2mm以内にしてください。
  • 野縁のサイズは30mm×35mm断面以上の野縁を使用してください。ボードの接合部は、ダブル野縁にするなど板端から15mm以上の部分に釘・ビス打ちが出来るよう下地を組んでください。
  • 軽量鉄骨の場合の下地間隔は303㎜以下とし平滑に組んでください。

①木下地(軒の出500㎜以下)

②軒の出(500㎜超え)

③鋼製下地

  • 軒天施工の場合は下記の軽量鉄骨下地材(天井)を使用ください。
野縁ピッチ 野縁サイズ クリップ板厚 野縁受け 吊りボルト
303mm以下 25型 25×25×0.5 0.8以上 38×12×1.6 φ9以上

切断・加工

  • 切断作業の際に多量に切断粉じんを吸入すると健康に害をする恐れがありますので防塵マスク等を使用し健康管理に注意してください。
  • 軒天ボードの切断にはチップソーをご使用ください。
  • 切断後は切断面をヤスリ、カンナ等で仕上げてください。
  • カラー軒天ボード(製品名:エンボスカラー・ノキエイトエンボスカラー)は切断時に生じる白い切断粉がボード表面に付着した場合は直ちに化繊布等で除去してください。(そのままにすると除去できなくなる場合があります。また、濡れ雑巾で拭くと斑になる場合があります。)
  • 表面柄に方向性がある場合、コーナー部は45°に切断して納めてください。

■柄に方向性がある場合

■柄に方向性が無い場合

留付け

  • ステンレススクリュー釘、ステンレスリング釘等をご使用ください。
  • カラー品は専用のカラーステンレススクリュー釘、カラーステンレスリング釘をご使用ください。
  • 軒天材の留付けはフィニッシュ釘・タッカー及び接着剤での施工は行わないでください。
  • 留付けピッチは、軒天ボードの端部から15mm以上離して、150mm~303mm以下で留付けてください。但し、準耐火構造認定の場合は認定仕様にしたがって施工してください。
  • 釘は軒天ボード表面とツラ一になるよう施工してください。また、自動釘打機を使用する場合は事前にコンプレッサーの圧力を調整し打ち込み過ぎない様に施工してください。
  • 有孔板に釘打ちを行う場合は打ち位置が穴に片寄らないようにしてください。
  • エンボスカラーを釘留めする際は塗装面の傷防止の為、仕上げの打ち込みはポンチ等を使用してください。

■軒の出500mm未満の留付け

■軒の出500mm以上の留付け

■釘・ビスの打ち込み過ぎに注意してください。

塗装仕上げ

  • 外気の温度が5℃以上の時に塗装を行って下さい。
  • 塗装の当日が降雨・降雪の場合、塗装しないでください。また、前日が降雨・降雪直後等で軒天材が濡れている場合も避けて下さい。
  • 市販の建材用塗料をお使いください。水性のエマルジョン、溶剤系どちらでも使用できますが、合成樹脂塗料(エマルジョン)が最適です。
  • 塗料仕上げの場合、塗装する前にボードの水分状態をチェックしてください。ボードの乾燥が不十分なときは、ペイントが変色することがあります。又シーラー処理がされていないボードの場合はアクリル又はウレタンシーラーをローラーなどで塗布してから塗装してください。塗装する際にはできるだけ換気を良くして乾燥を促進させるようにしてください。

エンボスカラーの塗装面補修

1.事前確認

  • 補修塗料での補修は当日が降雨・降雪の場合、化粧面が濡れている場合は補修しないでください。
  • 外気の温度が5℃以上の時に補修を行って下さい。
  • 補修塗料の保管は0℃以上の冷暗所にて保管し、輸送時も0℃以下にならないよう注意してください。
  • 長期保管している補修塗料は変色等の恐れがあるので 使用しないで下さい。
  • シーリング材・パテで釘頭の補修は行わないでください。変色の原因となります。

2.色調の確認

  • 色が均一になるまで十分に攪拌後、残材等を利用して試し塗を行い色調を確認してください。
  • 補修塗料は、希釈せずそのままご使用してください。

3.補修面の処理

  • 汚れ、ホコリ、油、水分等を除去してください。
  • ※除去していない場合、塗膜の剥がれの恐れが有ります。

4.補修塗装

  • 同梱の刷毛で補修該当箇所のみ塗布し、必要以上に塗り広げないように、重ね塗りしないでください。
  • 補修箇所は、キズ部分、釘、ビス頭部のみに補修塗装してください。
  • エンボスカラーの切断小口の面取り部は、補修塗料を十分に塗布して下さい。

①キズの場合

②釘頭、ビス頭の場合

5.補修後の乾燥

  • 補修塗装後は、1日程度、雨や水がかからないようにし自然乾燥させてください。
  • ※上記以外の内容で補修を行った場合、補修部分が目立つ、もしくは経年変化で補修部分が目立ってくるなどの不具合が発生しますので十分注意して使用してください。

マスキングテープの使用

  • 軒天及び外壁を現地塗装する場合、軒天ボードを保護するときに使用するマスキングテープはガムテープのように高粘着力のものは使用しないで弱粘着タイプのマスキングテープを使用ください。
  • マスキングテープを貼る面にホコリ・油分・水分が付着していないか確認し、付着がある場合はよく拭き取ってからご使用下さい。
  • マスキングテープは必要以上に長期養生はしないで下さい。テープを放置して熱が加わると、テープの粘着剤が軟化して塗膜を侵し、テープを剥す際に塗膜剥離しやすくなりますのでご注意下さい。塗装完了後は速やかに養生テープを剥して下さい。また、テープを剥がす際にテープが破れる恐れがありますのでゆっくり引き剥がすようにして下さい。

軒天図

①勾配軒天(軒先納まり※縦水仕様)

②(軒先納まり※矩の手仕様)

③水平軒天

④水平軒天(軒の出500mm以上)

ページの先頭へ